MENU

室内リフォーム、バリアフリー工事

2019年8月27日

ベッドを置くため、和室の畳を剥がし、床材にする工事をしました。
床に段差がないように高さを決め、床下に断熱材を入れて、掘りごたつは使わないという事で、塞ぎました。
無垢の床材は、松の木を使いました。
温かみがあり程よく固い為、ちょうどいい床材です。
その他断熱窓の取り付けやお母様のために、トイレ・お風呂・リビングへの動線に手すりの取付を行いました。
使用した手すりはディンプル形状で暗くなると光るものを使用しました。
暗い中でも手すりの場所が目立つので掴みやすくなっています。(宇都宮市・K様)

 

畳→無垢床材

施工前

 

r22_1.jpg

 

施工後

 

r22_2.jpg

 

r22_3.jpg

 

断熱窓

 

r22_4.jpg

 

r22_5.jpg

 

トイレ便器交換、補高便座・補助手すり

r22_6.jpg

 

r22_7.jpg

 

 

廊下手すり

 

r22_8.jpg

 

物入れ内装

 

r22_9.jpg

暮らしのことなら!
有限会社小林木材産業へ
TEL 028-653-0230
お問い合わせ・資料請求は☟
こちらから


資料請求
新築施工例
リフォーム 施工例
イベント情報
お客様の声
スタッフBLOG
Instagram

〒321-0132
栃木県宇都宮市雀の宮5丁目4番15号


© 2021 宇都宮市で注文住宅を建てるなら雀宮にある地域密着工務店「小林木材産業」 All rights reserved.